軟水の説明

日本人と馴染みの深いのが”軟水”と呼ばれる硬度の水です。

しかし、軟水と硬水の詳しい違いを知っていると言う人は少ないようです。

軟水というのは”硬度100以下の水”のことを指しています。

主な軟水の特徴をご紹介します。

  • まろやかな口あたり
  • 素材の旨味を引き出す
  • 素材に浸透しやすい
  • 赤ちゃんや年配の方も安心して飲用できる
  • 洗剤や石鹸が泡立ちやすい
  • 癖が無い

良いところばかりが目立つのが「軟水」です。
石鹸が泡立ちやすい、素材の旨味を引き出すなどという点から、生活用途で大きく役立っている水だと言えます。

また、美容の面でもプラスになることをご存知でしょうか?

肌に浸透しやすいので、保湿性が高まります。
軟水のお風呂に浸かることによって湯ざめしにくくなり、モチモチな肌になるそうですよ。

基本的には日本の水道水は軟水ですが、地域によっては硬水の場所もあるようです。